「リップル取引所元代表逮捕状」仮想通貨預かり金詐取

仮想通貨取引所

「リップル取引所元代表逮捕状」仮想通貨預かり金詐取

リップル取引所預り金詐取容疑で元代表逮捕

”利用者から預かった金や仮想通貨を自社の財産と分けて管理する”

という当たり前のことができなかったリップル取引所元代表に逮捕状が出ました。

今現在の取引所が運営できる条件にもなっている条件です。

 リップル取引所の元代表に対して預り金詐取による逮捕状がでました。

「リップル」の取引所、RTJの経営が悪化し、

「預金を払い戻す能力がない」

状況の中で、宮城県内男性から取引のために現金約150万円を預かりだまし取りました。

以前は、仮想通貨の取引所は誰でも解説することができました。

しかし、今年4月、登録制となる改正法が施行されています。
現在は金融庁による立ち入り検査や業務改善命令などの行政処分が可能になっています。

金融庁によると、今月17日時点で、”国内の登録取引所は11社”です。

登録申請中の19社は引き続き審査が行われている状況です。登録が完了していない取引所では暫定的に業務を続けられることが認められています。






仮想通貨取引所登録条件

【仮想通貨取引所登録条件】

①資本金1000万円以上

②利用者から預かった金や仮想通貨を自社の財産と分けて管理する

③口座開設時に本人確認を行う

など


今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう