ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビットコイン】 仮想通貨と税金の関係をまとめてみた結果!

coincheck

【ビットコイン】 仮想通貨と税金の関係をまとめてみた結果!
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビットコイン】仮想通貨に対して正しく税金を納めるために

ビットコインで利益が出たら税金を申告します。

税金を申告しないと脱税になってしまいます。

悪質だと犯罪になります。延滞税も掛かります。

延滞税の7.3~14.6%それに加えて、重加算税が最大40%掛かってしまいます。

申告が漏れてしまいますと、時効が7年なので、7年も遡って税金、延滞税を払います。


ビットコイン取引では「雑所得」との見解が発売されました。
ですが、長期保有の場合は、譲渡所得になることもあります。


譲渡所得は仮想通貨・暗号通貨を長期で持っていた場合の利益です。
(5年という見方もあるのでお住いの税務署に問い合わせてください)
(購入した日から5年ではなく、購入した翌年の1月から5年です)

雑所得は短期での売買と言われています。


・譲渡所得では、50万円の非課税枠があります。
・雑所得では、20万円の非課税枠があります。


・雑所得は損益通算できません。

申告分離課税は適応されないので注意が必要です。


雑所得は赤字を翌年に繰り越せません。



くり返しますが、
投資目的として仮想通貨・暗号通貨を保有する場合には、その売却益は譲渡所得となる可能性 があります。

または、ビットコイン決済している場合など、法人なら事業所得になる場合もあります。

雑所得か、譲渡所得か、事業所得か、大きな利益を上げている場合は、税理士さんを通して税金を納める方がより安全で確実ではないでしょうか。




【仮想通貨】個人のビットコイン売却益は「雑所得」

仮想通貨・暗号通貨の取引で利益が出てしまった場合には、

お住いの税務署や税理士さんに相談するのが一番です。

知らなかったから税金を払わなかった。勘違いをしていたから税金は払わなかったということは通用しません。7年間遡って、税金と延滞税それに重加算税を取られてしまいます。


仮想通貨・暗号通貨の取引は、

所得税の課税対象です。


『個人がビットコインを使用することで生じた利益は、原則として雑所得に区分されます』

これによって、雑所得に分類された場合には、

・仮想通貨取引で損を出しても、他の所得との損益通算は出来ません。


・ビットコインを日本円で売却
・決済利用
・アルトコインへの交換


これらはすべて「使用」にあたります。

課税対象になります。


雑所得だと、20万円以上利益を上げている人が対象になります。

(給与所得及び退職所得以外の所得の金額です)


今現在では、ビットコインを動かさずに持ち続けている場合は課税対象にはならないと言われています。ですが、売却したときには税金が掛かります。


そこも含めて

お住いに所在している税務署に相談することが必要となってきます。




No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

出典 http://www.nta.go.jp


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!